滅多に食べられない料理

参加する人の意見を聞こう

アレルギーも把握しよう

肉が苦手な人もいますし、魚介類を食べられない人もいます。
また火を通した魚介類なら大丈夫だけれど、生もの魚介類はダメという人もいるでしょう。
パーティーの参加者の好みを聞いて、ふさわしい料理を選択してください。
特に、アレルギーの問題は重要です。
少しでもアレルギーに反応する食べ物を口に含むと、命を落とす危険性があります。

その人は、アレルギー反応を起こす料理を避ければ良いと安易に考えないでください。
謝って口に入ったり、食器に触ったりしてしまうことがあります。
敏感な人は臭いを嗅いだだけでも、反応するので最初からそのような料理を並べない方が安全でしょう。
トラブルが起こると、楽しいパーティーではなくなります。

人数分の料理を注文

料理が足りなくなったら困ります。
きちんと人数分の料理なのか確認してから、注文してください。
サイトに、料理の写真が掲載されていると思います。
しかし写真を見ただけでは、何人分の料理なのかわからないでしょう。
サイトに記載されている説明を読んで、何人分なのか読み取ってください。

足りないと困りますが、多すぎても余ってしまうので無駄な出費に繋がります。
余計な費用を掛けないように、ピッタリのサイズを買うことがポイントです。
もし良い料理を見つけても、人数分でなかったら避けるのも1つの手段です。
他を探すともっとおいしそうな料理で、人数に一致するものが見つかるかもしれません。
そのためには、たくさん時間を掛けて探すことが大事です。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ